FC2ブログ
2019/12/06

12/5スピッツ武蔵野の森その②


その①に引き続き

﨑山龍男さんのドラムは
ますますパワーアップしています。
圧巻でしたのは
アルバム「見っけ」に収録されている
転調が印象的なあの曲で
両手を大車輪のように回しドラムを叩く姿
大迫力でした。
肩甲骨が柔らかそうです。
この日の衣装は胸元を緩めたバーテンダー風。
白シャツに黒ベスト
後ろは黒ベストがボレロのよう短く
布がクロスしており
姿勢矯正ベルト風でかっこ良かったです。
﨑山さんは
女性が彼氏にしたくない3Bは
「バンドマン・バーテンダー・美容師」だと教えて下さいました。
人生の酸いも甘いもかみ分けた
ある程度経験した女性達の意見かもしれませんね。




草野マサムネさんは
言わずもがな・・・「最高」
全てのコンディションが
整っているように見えました。
チェックのシャツがお似合い。
ハットのコレクションもかなり増えていると思う。

今回マサムネさんの大人の魅力を
最大限に引き出す曲の流れが・・・。
「お揃いのマグカップで薄い紅茶を飲んだ日々に感謝の言葉を述べた曲」の後に
「かわるがわる覗いた穴とか、呼び合う名前がこだま」する曲へ移行する演出の妙。
このスローナンバー連続できたら
涙腺ユルめの人は泣きますよ。
何でしょう、この大人の侘び寂びタイム。

でも昨日私が一番心を持って行かれたのは
スピッツ初期の神曲で
どこか武蔵野の風を感じさせて
まさにマサムネさんが府中駅前のマクドナルドで
文庫本片手にコーヒーを飲んでいた頃の
不安と自由のモラトリアム時代の
牧歌的な香りのする
夏蜘蛛が出てくる曲
ブルーのライティングが秀逸
この会場に
マサムネさんと
自分しかいないような錯覚に陥る瞬間が・・・。
そのような勘違いが出来る才能が
私にはあるのです。

とにかく贅沢な時間でした。



グッズですが
私は開演時間近くに行ったので
タオルとパンフレットを購入しました。
タオルはふかふかで
パンフレットは持ち運びしやすいサイズです♪


スピッツの皆様
スタッフの皆様のご健康
ツアーが無事に敢行されますよう
お祈りいたします。







スポンサーサイト



コメント

非公開コメント