FC2ブログ
2019/12/06

12/5スピッツ「MIKKE」ツアー 武蔵野の森その①


昨晩、行ってきました。
スピッツ「MIKKE」ツアー
武蔵野の森総合スポーツプラザ
マサムネさん曰く、略して「ムサプラ」
確かに、「ソニプラ」や「たまプラ」などと
言い慣れている関東民にとって
「ムサスポ」より「ムサプラ」の方が言いやすいですね。

この会場もオープン2周年を迎えました。

IMG_4386 (3)




演奏された曲名は明記せず
感動の一夜の備忘録を綴っていきたいと思います。

このアリーナツアーは
光の使い方が素晴らしいです。
コスモ感たっぷりな30/50とはまた趣が異なり
もっと繊細で幻想的な感じ。
ステージ上の設営を利用したライティングも
灯籠風に見えたり
時にはサイケな雰囲気を醸し出したり。
どの曲の時か忘れましたが
最後にマサムネさんの足元が赤く照らされ
その姿はまるで赤いお花の上に乗っている
コロボックルのように見えるシーンも・・・。


草野マサムネさんの調子は絶好調でした。
喉の粘膜から
オリーブオイルが分泌されているのでは?
そう思うほどしっとりとして
伸びのある声でした。

いやぁ~聴かせて下さいますね、スピッツ。
1曲聴き終わる度に
感動で胸がいっぱいになりました。
心が震えていると拍手をするのが精一杯。
最初は男性達による掛け声も聞かれましたが
素晴らしい曲が続くと
そんな余裕もなくなるんでしょうね。
じっと次を待つ曲間の静寂に
漂う感動の余韻・・・。


スピッツの皆様もとてもお元気で
小粋なトークで
場を弛緩させて和ませて下さいました。

三輪テツヤさんは前日にU2のライブへ。
長時間のスタンディングで
終演時には足元がふらつき
生まれたての子鹿状態だったとか。
普段からふくらはぎを鍛えてらっしゃるテツヤさんでも
長時間立ちっぱなしはキツいんですね。
最近はおしっこも近いらしいです。
膀胱の筋肉も鍛えて
頑張っていただきたいです。

リーダー田村さんは上下白で
聖職者のようなコーディネートでした。
動きのリズムに
貫禄みたいなものも加わり
素人の私でもハイレベルの迫力を感じました。



長くなりましたので続きは②で。










スポンサーサイト



コメント

非公開コメント