FC2ブログ
2019/09/19

退院してから1週間過ぎ・・・


退院してから1週間が過ぎた。
主治医A先生より、「1週間は激しい運動は避けて下さい」と言われ退院したが、あの状態で激しい運動が出来る人は命知らずの鉄人くらいだろう。
カテーテルを入れた右手首や右首は痛むし、特に右足の付け根に関しては、かばうように小さい歩幅でしか歩けない。
たった4日間の入院であったが、全身麻酔で心臓手術をしたのだから体力低下などの侵襲はそれなりにある。
この1週間、最低限の家事と心を込めての夕食作り以外は、ひたすらウダウダしていた。

それでも「日にち薬」とはよく言ったもので、1週間も経てば体のそこかしこの痛みはすっかり消え、まるで手術なんて無かったかのよう。
心臓は規則正しくリズムを刻み、不安定だった血圧は低めに安定している。
暴君が住み着いていた私の心臓は、優等生ハーツに生まれ変わったのだ。

夜中に自分の心臓の動きで体が振動し、「地震!」と思い目を覚ましたことなど何回もある。
時・場所を選ばず頻発するトリガー不明の発作に怯えていた日々。
しかし、このように自覚症状があったから救われたのだ。
人によっては気づかぬまま病状が進行し、心臓に出来た血栓で心原性脳梗塞を発症する。
よく例に出されるのは長嶋茂雄さんや、サッカーのオシム監督。
心臓で形成される血栓は、胡桃大の大きさになるというのだから恐ろしい。
その血栓が太い血管を詰まらせ、その先の組織を壊死させるのだから重い後遺症が残るのは当然だろう。

長嶋茂雄さんは人間ドックで異常を指摘されたことはなかったらしい。
私も毎年の検診で心電図は異常なし、今年の6月の検診でもそう。
発作が起きていないときは正常な波形だから・・・。

でも今回、心臓が思いっきり暴れてくれたおかげで受診しようと思えた。
控えめな発作だったら、更年期のせいか?と自己判断し「救心」を飲んでごまかしてたかも。
そのうち血栓が頭に飛んで、人生が変わっていたかもしれない。

あぁ、助かった・・・。
思いっきり自己アピールしてくれた心臓に感謝。
自分の心臓が愛おしい。


今日は1週間後検診で受診。
主治医A先生に、「まだ安心しないで、術後3ヶ月は経過をみないとわかりませんからね」と言われた。
次回は1ヶ月後に診察。
まだ血栓を予防する薬を内服しているし、転んで怪我をしないよう気をつけよう。



皆様も体調に変化があった時には、自己判断せず体の悲鳴をきいてあげて下さいね。









スポンサーサイト



コメント

非公開コメント