FC2ブログ
2018/03/31

今年もスピモのバースディメッセが…


今日で3月も終わりですね。
大晦日と同じくらい
人生の句読点になるこの時期
どのようにお過ごしですか。



さて
プロ野球も開幕しました。
贔屓のチームが開幕2連敗を喫しており
正直辛いです。
スピッツ的には
草野マサムネさんのソフトバンクホークスも
﨑山さんの阪神も
幸先の良い滑り出しで
きっと余裕で
高みの見物ですよ。



3月某日今年も
アタクシの〇回目の誕生日に
スピモ経由で
スピメンからのバースディメッセージが届きました。

全体的に
あっさりした塩味風味です。
福山雅治さまのような
「ハッピーバースデー」の歌唱は
今年もありませんでした。

しかし
草野マサムネさんだけは
若干テンション高め…
瞳がキラキラ
瞳孔が1.5倍開いてる感じ
お馴染みの「マ」キャップ姿で
元気だま送るみたいに
『念』を注入してくれた
その時の様子が
絵的に怖いよ
気の弱い赤ん坊が泣きだすだろうね
アレは…。


この動画の切り替えって
いつなんだろう
やはり1月1日でしょうか
去年も半袖の映像だったから
「夏に撮って冬に出す」感じ?


そう言えば
スピQの返答も
タイムラグがありますよね。
質問をした人への答えが
船便で届く感じ。
スピッツメンバーの「最近」って
半年くらい前の事だったりする。



4月のスピッツカレンダーは
「田村明浩放浪記」…
流れ着いた感が
始まりの4月にピッタリです



ではまた







スポンサーサイト



2018/03/28

スピッツとか小田さんとか


どーも
今日も1日お疲れ様でした



突然ですが…
私は情に流されやすく愚かな女です。

昨日は1日
国会中継を見ていました。
世間的には
佐川氏喚問は
不透明で疑問が残り
不満だらけな感じだったようですね。

しかしながら、私ったら
いつの間にか
画面を見ているうちに
すっかり佐川氏ファンになっていました!

けっこう小柄
(長身より小柄な男性が好き)
小動物のような眼球の動き
いちいち挙手し起立・着席を繰り返す
半端ない運動量
無駄に高圧的な国会議員との応酬で
際立つ佐川氏のクレバーっぷり
そして…豊か過ぎる毛髪…


ツイッター検索しましたら
同じように佐川推しの仲間が
大勢いることが判明し
ホッと胸をなでおろしたのでした。



さて、今日は
お友達がTOKYO FMのペーパーを
届けてくれました。
そう、「森と音楽とスピッツと。」という
コピーのアレです。
ハワイで撮った例の写真が
このテーマにピッタリですね。
草野マサムネさんが
若き日の美輪明宏的な雰囲気を醸し出し
テっちゃんが大木の精霊のように
映ってるあの写真ですよ。

それにしても
「森と音楽とスピッツと。」
なんの違和感もないでしょう
完全な三位一体
アースバイハートライブに行かれる皆様は
スピッツの「森部分」を
しっかり感じることが出来ますように。
資源再利用という点では
サキちゃんの古いドラムスティックで作った箸が欲しいです。
超レアものですね



そして今日は
小田和正さんの「PRESS」も届きました。
ライブツアー第2期のチケット申し込みが始まりました。
そこかしこをチェックしますと
第1期は激戦だった様子
第2期は関東中心の会場なので
1期以上の厳しさが予測されます。
ふつふつと湧き上がるチケットエネルギー!

小田さんは神社で
「良いことばっかりありますよーに」
お祈りするらしい
私もそれに倣って
貪欲にご祈念しちゃいます。


フジテレビの朝の情報番組で流れる曲が
スピッツの「ヘビーメロウ」から
小田さんの「会いに行く」へバトンタッチ
華麗なるリレーですね。

この
「会いに行く」という言葉の
能動的な感じ!
いいです

小田さんは本格的に
そして前向きに
「仕上げ」のシーズンの階段を上っているみたい



あぁ眠い
今日も
静かで
平和な夜が訪れますように…


最近は
5分で爆睡コース







2018/03/26

ロック大陸漫遊記⑫後遺症とか、最近の事


こんにちは
もうお花見には行きましたか?
私は忙しくて…まだです。
世間の浮足立った雰囲気にのまれず
マイペースに生きていきたいです。
桜が残念でも
紫陽花がありますよね。


この1週間のアレコレを
まとめて綴っておこうと思います。



①ユーミンがあさイチに出演
ご覧になられた方も多かったと思います。
滑舌に多少のまったり感を感じましたが
やっぱりユーミンはカッコいいです。
松任谷正隆さんとの関係を
「服従は支配」
と言い切るユーミン
流石です!
すかさずメモりました。
含蓄のあるお言葉ゲット。

確かに松任谷正隆さんは夫として
取り扱いに難儀するタイプでしょう。
でも、1輪のダリアで
ユーミンを救った松任谷正隆さんは
かなりの徳を積んだも同然
そんなエピソードから生まれた
「雨の街を」…自分にとって
精神安定剤のような曲です。



②世界フィギュアスケート選手権
満身創痍の宇野昌磨が銀メダル

宇野選手はヒロイン体質ではないので
表情・言葉ひとつひとつが何を意味しているのか
情報を読み取ろうと
ついついテレビ画面にかぶりつきになってしまいます。
ビー玉のような瞳から
こぼれ落ちる透明な涙
発展途上の人材を応援するというのは
せつないけれど幸せなものです…。




③ロック大陸漫遊記でナイトメア寸前
うっかりしていましたが
昨日はスピッツのデビュー記念日でした。
去年はこの日
愛あるブログを書いていたのに!
私としたことが…。

昨夜の放送は
「ふな ふな ふなっしー♪」で苦行の予感

「YAMASUKI」では、ヤバい扉を開けちゃった感が半端なかったです。
常軌を逸した輩が複数いる土壌に足を踏み入れた感じ
後から無限のループで追いかけられる夢幻にうなされそう。
(韻をふみました)


「O・TO・GA・MEはーと」は
藤くんが薹が立ったアイドルを表現
さずが藤くんです。
なんでもカッコいいです。



川崎姉妹の
「どこへ行くの」は
刺激の強い「気持ち悪さ」に支配され
突然脳内でリピートされる後遺症に悩まされています。
違和感ありまくりの曲展開に
神経逆なでされながら
泥沼にはまる感じでしょうか。
こんなゾワゾワする曲を世に出そうとした人は
絶対「S」だと思う



「値上げ」/高田渡
「値上げ」行為を
非常にデリケートに歌い上げた名曲ですね。


1970年代の音楽業界は
自由で懐が深かった…。




④辻仁成に、なんか、救われた~
ネットの記事ですので読まれた方もいらっしゃったと思います。
「みんなに愛されようとするから、君は疲れるんだよ」 作家・辻仁成が説く“孤独”のススメ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180324-00010000-huffpost-soci

辻仁成は一時期、過剰な美意識アピールが凄くて
「この人、どこへむかっているんだろう」と思っていましたが
中山美穂と別れて憑き物が落ちた感じですね。
今は、言葉が心に響きます。
楽に生きていけそう。
このような記事との出会いも
全て縁でしょう。

そう考えると
幸せを感じますね♪



ではまた








2018/03/20

オープン戦中止


こんにちは

本日は冷たい春の雨
ほぼ冬のような気温
寒いです…




今日はハマスタで
阪神とのオープン戦を見る予定でした。

ちょっぴり生まれ変わった横浜スタジアム
新しく張り替えられたグラウンドの芝生
座席は全てベイブルーに変更
そんなハマスタが
お披露目される日だったんです。

ファンクラブ会員は外野を中心に
無料で席が解放されます。
今日も早くから並んだ方がいらっしゃった様子。
並ぶのが苦手なので
有料のチケットを確保し
本日を楽しみにしていました。
しかし、天候には勝てませんね。

この寒空の下で
無理に試合を行い
選手たちが風邪をひいたり
怪我をしては大変。


あと10日ほどで開幕ですが
ベイスターズの左投手たちの
調整が遅れています。
正直、不安でいっぱいです。
週べが「期待の左腕カルテット」なんて持ち上げて
表紙にするから…。
オープン戦の順位は2位ですが
全くポジティブな気分にはなれませんね。

なんかテンション下がる。
多少スギ花粉が飛んでもいいから
晴天がいいです。


こんな日は
「怖い絵」展で購入した画集を眺め
録画しておいた「日曜美術館」でも鑑賞します。



ではまた




2018/03/19

ロック大陸漫遊記⑪で新種発見


こんにちは

昨日のエレファントカシマシ デビュー30周年記念LIVEも大盛況だったようですね。
スピッツのセットリストを見ました。
もっと男臭く(あくまでもスピッツ比にて)
ガンガン煽ってくるのかなと思っていましたら
「攻め」というより
みんなが聴きたい曲を優先して
名刺代わりとなるような代表曲を披露したという感じでしょうか。

改めてMr.Childrenのセットリストと並べてみますと
ひらがな自然派スピッツと
横文字から香る色気;桜井ミスチルとの
差異が際立ちますね。
会場に行かれた方、一生記憶に残る1日となったことでしょう。


そうそう、17日に武蔵野の森総合スポーツプラザで行われた
ユーミンの「ひこうき雲」のライブ
こちらも非常に行きたかったライブです。
芸能ニュースで映像を少し見たのですが
原田知世さんから井上陽水さんまで
想像以上の濃さで激うらやま…。
参加できなかったことを来世まで引きずりそうです。



昨夜はradikoで
ロック大陸漫遊記も聴きました。

曲の世界観にグっときたのは2曲

Ghana/ D.A.N
檸檬/ Burnout Syndromes

D.A.Nはカッコいいですね。
特にベースがカッコいい。
ゆったりした昼下がりに聴きたい
催眠効果もありそうなので眠りに落ちる前もいいですね。

Burnout Syndromes!!
青春文學ロックというカテゴリーがあったんですね!
私的に、これはかなりきました。
新種発見レベル
全然バーンアウトしていません、というか
バーンアウトしてからの回復時のエネルギーなのか…。
「檸檬」はやはり梶井基次郎からだったんですね。
声もストレートで詞が真っすぐ心に届きます。
理屈っぽい男子高校生達も好きそう。
早速息子が旅から戻ったら教えてあげようと思います。

その息子ですが
高校の同級生たちと
「西日本を旅してくる」と出かけて5日間
まったく連絡がないので
さすがの私もやや心配になり
「生きてる?」とLINEしたところ
「今 長崎」と返信がきて
生存確認できました。





関東地方、明日は寒くなりそうです。
地味にインフルエンザも
まだ流行しているようですね。
気をつけます。







2018/03/17

GO!スカ申し込みました


GO!スカ申し込みました。
関東の会場で第5希望まで埋めました。
もし落選しても、縁がなかったと思うしかないでしょうね。
(そうは言っても、実際落選したらショックで半年間スピッツ情報シャットダウン、脳内から存在を消して生きていく思う)

聴きたい曲も、あまり深く考えずに選びました。
きっと明日になったら違う曲をセレクトするはずだから…。


思い返せば、
自分にとってのスピッツ的ターニングポイントは
「隼」なんですよ。
ロック色の強い「隼」で脱落したんです。
スピッツにふるいをかけられた感じ。
網の目から見事にこぼれ落ちたロック脱落者です。
後から「旅の途中」を読んで
当時のメンバーの葛藤を知りました。
その後も草野マサムネ様韓国に熱中のご様子とか
勝手に作り上げたスピッツ像との
微妙な乖離が生じ離れたんですね。
ファンって勝手なもの…。

ずーっと変わらずにファンでいる人たちの事
本当に尊敬します。

でもやっぱりスピッツの曲は素晴らしいので
またライブに行くようになり
ブログでスピッツの事も書いたりしてるんですけど


しかし、最近
再度ロックのふるいにかけられているような気分になり
少しドキドキしています。
「さざなみCD」のような世界は
もう期待できないのでしょうか。


まぁ、ファンだっていろいろ
愛が沈静化しても
今はエネルギー備蓄期間として
数年後にマグマが噴き出すように
盛り上がるかもしれないし
そのままかもしれないし

スピッツの強みは
新しいファンがどんどん増えていること!
新陳代謝は必要です。


自分でも何を書いているのか
わからなくなりましたが

聴きたい曲で選んだひとつは
「ハヤテ」です。


みなさんの好きな曲が
選ばれますように!








2018/03/17

祈りの軌跡 備忘録


以前は信仰心など
全く持ち合わせていませんでしたが
3年ほど前から御朱印を集めるようになり
神社仏閣にいろいろとお祈りをするようになりました。

各地回っておりますと
強くパワーを感じる空間があります。
そんな選りすぐりの神社仏閣で
息子の受験のお守りを頂いてきました。
微力ではありますが
後方支援のひとつとして頑張ってきました。
息子もそれなりに喜んでいた様子。
そんな祈りの軌跡を
覚え書として残しておこうと思います。



【学業成就のお守り】

机の前の壁に安置
そっと受験生を見守っていただくような感じにディスプレイしていました。
明治神宮のお守りは、立体的な宮づくりで存在感があります。

①湯島天満宮…東京
②湯島聖堂…東京
③厳島神社…広島
④波上宮…沖縄
⑤伊勢神宮…三重
⑥北野天満宮…京都
⑦太宰府天満宮…福岡(本人参拝)
⑧成就院…神奈川
⑨建長寺…神奈川
⑩箱根神社…神奈川
⑪恵林寺…山梨

⑫明治神宮…東京
⑬円覚寺…神奈川





【入試合格守り】

学業成就というぼんやりした目標ではなく
ズバリ!入試合格のためのお守りです。
ピンポイントの強力なお守りとして
入試当日会場へ持っていかせました。
特に、寒川神社と東大寺のお守りは
なんかすっごく効きそうな雰囲気があり
お薦めです。

①寒川神社…神奈川
②東大寺…奈良
③波上宮…沖縄
④金神社…愛知
⑤熱田神宮…愛知
⑥鹽竈神社…宮城
⑦砥鹿神社…愛知




【絵馬】

リビングの高いところに
目標を書いてぶら下げました。
孔子様に縁のある湯島聖堂絵馬の
「合格」の力強い文字に
日々励まされました。

①湯島聖堂…東京
②安居天満宮…大阪





【一般のお守り】

やはり、試験当日ケガや病気であっては
元も子もありません。
一般のお守りも
強力な力が有り余る神社仏閣で
セレクトさせていただきました。

①寒川神社…神奈川
②伊勢神宮…三重
③仁和寺…京都
④広隆寺…京都
⑤猿田彦神社…三重





おかげさまで
志望校合格。
孟母三遷の足元には及びませんが
私もそれなりに
プチ孟母行脚できたのではないかと
自画自賛いたしております。



今後は
今まで以上に
DeNAベイスターズの躍進を願って
祈りの旅に出かけたいと思います。




2018/03/16

GO!スカのお知らせ、他


こんにちは
今日の関東地方は曇天ですが
何となく落ち着いた気分で1日が過ごせそうです。


①SpitzbergenからGO!GO!スカンジナビアのお知らせが届きました。
7月から10月まで(8月は除く)25公演
第5希望までしっかりエントリーすれば当選するでしょうか。
アクセスしやすい会場を希望したいのですが、そんな生ぬるい考えでは負けてしまいますか。
曲リスト①②から希望曲を決めるのも困難
あえてロック色の薄い曲を選出して自滅というのも、それはそれでいいかも。
過去、GO!スカ開催年に
スピッツ熱が低下していた私にとっては
今回初参加なので
正直会場の雰囲気を想像すると怖いです。
スピッツファンの熱量と圧が怖い。
当選したら勇気をもって参加します。




②春のセンバツ高校野球の組み合わせが決まりました。
今回のセンバツ出場校は豪華すぎて
高校野球ファンにとっては
素敵な春になりそう


東海大相模
慶応高校
駒大苫小牧
明徳義塾
延岡学園
富山商業
智弁和歌山
智弁学園
日大山形
大阪桐蔭
花巻東

東邦
日大三
星稜


並べても楽しい



いつもセンバツはまったり見てますが
今回は前のめりで観戦します。



③本日、東大から各種手続き書類が届きました。
入学式は4月12日武道館にて。
本人以外1家族2名まで参加できます。
東大生は五月祭や駒場祭に行けば
大勢見ることは出来ますが
東大生の親が一堂に会すのは
入学式と卒業式のみ。
どのような雰囲気なのでしょう。
千鳥ヶ淵周辺、その頃はもう葉桜でしょうね。



ではまた




2018/03/13

今日の出来事

皆さま
今日も1日お疲れ様でした。
平凡な1日であったことが何よりの幸せでございます。
今日の出来事を淡々と記録しておきたいと思います。


①大御所歌手、布施明がスピッツを歌う。
大抵、テレビ番組はNHKを流しています。
耳障りなCMがないからです。
本日の夕方は歌番組
どちらかというと、ご年配向けの番組
今日のテーマは「旅立ちの時」
ご年配向けの番組だけに、旅立つのは「あの世」では?…と
ブラックな事を考えておりましたところ
何とスピッツの「空も飛べるはず」が!
歌唱は大御所布施明様
画面の右上には
「ロングヒットとなったスピッツの名曲 空も飛べるはず」というテロップ
布施明様は持ち前の歌唱力と
大御所らしいフェイクをかましながら
堂々と歌い上げられました。
何となく「ミスマッチ」な感じはありましたが
思いがけず聴くことが出来た
スピッツの名曲「空も飛べるはず」…
NHKに軽く感謝の念を抱きました。



②「天皇・皇后両陛下が8月に北海道の利尻島を訪問される方向」とのニュースが。
利尻島に関しては私も以前ブログに書いたことがあります。

「白い恋人の島」
http://supika2017.blog.fc2.com/blog-entry-137.html

この最果て感がたまらないのです。
そこに両陛下が!…感激いたしました。
人生の晩年期、「最果て」の雰囲気はしっくりくること請け合いです。
私は北海道出身ですが、出身地の風土がその人の性格に与える影響は大きいと思います。
私の場合、性格的に「陰」か「陽」かと言えば「陰」
長い冬を耐え抜く生活の中
前向きな諦念と
必ず訪れる春を待つ希望から
「細かいことは忘れる陰キャラ」に成長しました。
ですから、以前ブログに書いた内容も
すっかり忘れていることもしばしば…。

両陛下にとって
思い出に残る
「最果ての島の旅」になりますように…。



③「FINE BOYS」を買いました。
イラストで学ぶ大学生の狙い目コーデ
女子大生が考える
男子大学生における理想の着こなしルールとは

「キレイ目」
「使う色は抑えて」
「シンプルに」


まったく同感です!
女子大生と意見が合いうれしいです。
息子が第2回めの卒業旅行に出かけている今
この「FINE BOYS」を熟読し
カリスマスタイリストになれるよう
勉強したいと思います。





ではまた






2018/03/12

ロック大陸漫遊記10回目と美声捜索中


こんにちは

ロック大陸漫遊記10回目は
「同世代現役ロックバンド」の特集でした。
スピッツの「1987→」からスタート


「優しい川」/エレファントカシマシ
レコーディングスタジオで
魂の叫びを表現できる宮本さんは素晴らしいです。
何か…酩酊系の何かが…宮本さんの体に降りてきたかのよう。
歌いきった後は、かなりふらついたことと思います。
そっと龍角散のど飴を差し出してあげたい。



「 虹の彼方へ」/ Mr.Children
確かに、ミスターチルドレンは
まぎれもなく先頭車両でした。
ずっとそうです。
ファンの方々もそう思っているはずです。
私はこのブログではミスチルについて
「曲のタイトルにローマ字表記多用は如何なものか」と
難癖をつけてきましたが
一度はミスチルのライブに行ってみたいなと
まったりと考えています。
東京ドームでも
チケット取れないらしいですね…。



「おーい!!」/ ウルフルズ
素敵な曲ですね。
「赤い糸の伝説」とか
「君の名は。」的な要素が
混じってると言えなくもない。



バンドが続いているのには理由がある
スピッツ世代の邦楽ロックバンドが
あと10年したらどんな曲を歌っているのか
とても楽しみです。




ここで話はガラリと変わり
最近思っていることがあるので少し。
平成になって
新たに「美声」と出会っていないんです。
「美声」も「美メロ」と同様
人によって好みがわかれるところです。
私が今ひとつスピッツ以外の「ロック」にのめり込めないのは
基本的に「美声」好きであるため。
私の好きな「美声」は
混濁なくクリア、ストレートな歌い方。

少し古い話になりますが
かつて、さだまさしさんが
「日本が誇る三大美声」として挙げたのは

小田和正
細坪基佳(ふきのとう)
松山千春


小田さんは言わずもがな
細坪さんも感情が声に乗る美声
まれにみる美声
私の知人「コワモテA氏」も『ふきのとう』好き
※『コワモテA氏』に関しては
よろしければ過去記事をご参照下さい。
http://supika2017.blog.fc2.com/blog-entry-491.html



ただ、私的には松山千春はね~
ちょっと違うかな~


昭和の名残り漂う美声で
印象に残っているのは…。

失礼を承知で正直に申しますと
体型と美声のギャップに驚いた村下孝蔵さん
ぽっちゃりしたお体で
ギターを弾きながら歌っていた姿が印象的です。
若くして
お亡くなりになられたんですよね。

今は
このようなクリア・ストレート系の美声は
存在しないのでしょうか。
それとも、流行らないので
埋没したまま浮上してこないのでしょうか。
食生活の変化により
美声は絶滅した…?

ロックバンドが溢れている今
非ロックが恋しい…。


と、
ここまで綴ってようやく判明しました。
そんな心の隙間を埋めてくれるのが
小田和正さんだったんだって事を。


いやぁ
ブログやってると
頭の中が整理できますね。


ではまた♪