FC2ブログ
2019/03/24

世界フィギュア男子FS

まさに「翔んで埼玉」でした。
さいたまスーパーアリーナが熱く燃えた。

まず、宇野昌磨選手は残念でした。
いつも以上に勝ちにこだわる中で
精神的にも疲労があったと思います。
足の痛みもあるのかもしれない。
主要な試合に出ずっぱりで
本当にお疲れ様でした。
来シーズンもすごく期待したいです。


羽生結弦選手は24歳だったんですね。
年齢さえも把握できてなくて
すみません。
この大会はカメラに映る表情が
どれも眼光鋭すぎてスナイパー結弦
移動も非常に早足で
必死に追うオーサ-コーチが
お気の毒でした。
やはり、羽生選手はドラマチックですね。
4サルコウに回転不足はあったものの
ほぼ完璧な演技で終了。
終了後には「ただいま」とつぶやいたのが
テレビの画面からもしっかり見て取れました。
これは羽生金メダルで決まったかも
いつものシナリオ通りなのか。
そう思っていたのですが…


大歓声と
熊プースコールの中
ネイサン・チェンがリンクへ。
地味衣装が落ち着きをもたらしてくれます。
演技が始まると
淡々と高難度のジャンプを決めていく。
冷静で動じない成熟性に感動。
ネイサン・チェンは凄いわ。
圧巻、圧勝。
大学の勉強とスケートを両立させて
尚且つこのレベルまで仕上げるって。
そしてまだ19才。

その優勝インタビューを流さない
フジテレビには呆れます。



見応えのある試合でした。
今日のエキシビションも楽しみです。





スポンサーサイト



2019/03/20

世界選手権が始まった

フィギュアスケート世界選手権が始まりました。
例年より1週間早くないですか。
今まではプロ野球のオープン戦と重なって、息子とチャンネル争いした記憶あり。

それにしても
時の流れを止める羽生選手の不変っぷりには恐れ入ります。
空の長旅には安定のジャス姿、体育会系にはジャス姿こそ正装なのです。
ヘアースタイルもそのまま、キューティクルも健在です。
相変わらずの美肌ですね。
23歳となってもおっさん臭さが微量も感じられない。
羽生選手にあやかりたい雪肌精婦人大量発生中。
とにかくスケート以外のことは眼中にない、そんなストイックさが自然のような不自然のような・・・それが羽生結弦。


フィギュアスケートの情報をほとんど追っていなかったので、今日の女子のSPを見て自分の浦島太郎ぶりに驚きました。
キスクラでツルシンバエワさんの隣にエテリコーチがいてビックリ!
メドベージェワと入れ替わったということですね。
2019年の世界選手権が日本で行われると第1報があったとき、日本女子がこれほどの充実状態にあることは予測できませんでした。
坂本花織さんの演技の時は、ジャンプが決まると「よっしゃあ!」と声を出したくなります。
宮原知子さんの時は、高く跳べて回転しますようにと祈らずにはいられません。
今日の紀平さんの最初のジャンプの抜けは非常に残念でした。
最初の表情が固かった、フリーでどのくらいリカバリー出来るか楽しみです。
ザギトワは相変わらず、16才とは思えないド根性女優の貫禄で素晴らしかった。

フィギュアスケートは、やっぱり女子が盛り上がらないことには!
1強時代じゃなくて良かった。


明日はいよいよ男子SP。
職場関係の送別会が予定されていてリアルタイムで観戦できない。
過去に見た、羽生vsマッチ-・僅差の戦いみたいな素晴らしい試合が展開されますように。










2018/11/05

羽生結弦は転ばない


GPSフィンランド大会
羽生結弦さんの異次元の成績で終了。

当然の結果なのですが
今回驚いたのは
危うい場面がありながら
転倒しなかったこと。
ジャンプの軸にかなりの傾きがあっても
内側のエッジで絶妙なバランスで堪えてる。
また、着地の形がやや崩れても
最小限の乱れに抑えてる。

今までも他の選手なら
顔面から転倒しそうな場面でも
羽生さんは柔らかい足関節を駆使し
難なくクリアする場面は多々ありました。
しかし、今回ルールが変更され
転倒がかなりのダメージとなり
今まで以上に
「絶対転ばないぞ」という
羽生さんの強い意志が感じられました。
あくまでも挑戦する姿勢の羽生結弦。
転倒を回避する術を身につけて
勝負の舞台に戻ってきた様子。
それは意図的な訓練によるものか…。
磨かれた深いスケーティングスキルと
絶妙な体幹バランスの賜物でもありましょう。
足首の関節の調子も良いと思いたい。

そう言えば昔から羽生さんは
フィンランドの地に愛されていた。

ロステレコム杯も楽しみです。


女子は坂本花織さんが
SP7位から巻き返して台乗り。
FSは素晴らしかった。
ジャンプの後のランディングが滑らかで
フリーレッグの動きも優雅
余裕を感じさせる滑りだった。
いやぁ~振り付けの要素って
ホント重要。


今週末はNHK杯。
時差の無い環境で
宇野昌磨にも実力発揮していただきたいです。



2018/09/28

羽生結弦さん新プロ感想


オータムクラッシックからすでに1週間が過ぎてしまいました。
羽生結弦さんの新プログラムが楽しみで、SP・FSとも3時半に目覚まし時計をセットしライスト観戦しました。

羽生少年が憧れた2004年の名演技
「秋によせて」ジョニー・ウィアー
「ニジンスキーに捧ぐ」エフゲニー・プルシェンコ
このふたつのプログラムへの羽生さん的オマージュが
どう表現されているのかがとても楽しみでした。



SP「秋によせて」


羽生さんは衣装でも裏切ることはありませんでした。
ユニクロ+αの地味な衣装が多い男子選手の中
今回も美衣装…
胸元が空いているようで
しっかり肌色ババシャツ生地でカバーされています。
いつものペンダントも小道具のようにしっかり馴染んでる。

IMG_1006.png



後ろ姿も「秋」というより
「初冬」を思わせる凛とした雰囲気。
多分、試合を重ねるごとに衣装のスパンコールは増えていくことと思う。
最後は目がやられるくらいスパークしてほしい。

IMG_1009.png





印象的なのはジャッジ席に見せつけるように滑る美イーグル
このゆったりとした間がメリハリ感を演出していますね。



ツイズルで始まり
ツイズルで終わる
高難度トリプルアクセル
これも気持ちいい!






後半は圧巻のステップシークエンスで盛り上がる。
もはやジャンプ不要。
2004年NHK杯の実況アナが
ジョニー・ウィアーのステップシークエンスの前に
「彼の美しさを堪能してください」と言った言葉を
羽生さんにもそのまま投下したくなります。







FS「Origin」


SPと違って魔界から降り立った感じです。

IMG_1014.png




魔王的な中にも
エレガンスさを忘れない羽生結弦

IMG_1011.png




演技ではスピンやジャンプのミスが目立ち不本意な成績でした。
場を制圧する雰囲気はまだまだです。
演技が終わった後
「チキショー!」と悔しがった羽生さん
今年も例年同様、無事着火された様子。

国民栄誉賞を頂いたことで
お行儀の良すぎる羽生さんになってしまったら
残念だなと思っていました。

2016年3月
クリケットに掲げられている
ハビエル・フェルナンデス選手の
世界チャンピオンのプレートに向かって
「なめんなよ!」と言い放った羽生さん。
そんな激しさを忘れないでいてほしい。
これからもヤンキー言葉を駆使し
見えない魔物を威嚇しながら
自分を鼓舞してほしいです。


一周回って
やっぱり羽生結弦は面白い。





2018/07/19

デニス・テンくん

この数日間
毎日のように思っていました。
人の命は本当に儚い。

今日も信じられないニュースが。
デニス・テンくんが亡くなった。
理不尽な最期だった。


カザフスタンの英雄。
スケートをしながらMBAを取って
国の為に尽くしたいと言っていた。
テンくんがホスト役で
カザフスタンで行われたアイスショーでは
ゲストは国賓並みの待遇…
国内における
テンくんの存在の大きさを物語っていた。

氷上では青い衣装が似合っていた。
たおやかな表現力とキレのあるステップ
一方で足の怪我に悩んだり
靴が合わずに苦労したり



フランク・キャロルコーチの横で
クマのテッドを抱えている
キスクラのテンくんを思い出す。

カザフスタンの関係者の方々の
悔しさは如何許りだろう。


ご冥福をお祈りしたい。
でも残念で仕方ない気持ちが大きく過ぎる。