FC2ブログ
2019/12/12

今日はこれからスピッツライブ


昨日電車の中で
スキンヘッドで強面の男性が
隣に座ってきました。
思わず身を固くし
チラッと覗いた男性のスマホの画面
待ち受けがミッキーマウスでした。
もしかしたら
強面に見えてもお坊さんかもしれない。
スキンヘッドの振り幅は大きいです。


今日はこれから横浜アリーナでスピッツライブです。
息子と大学のお友達も今日でした。
大集合って感じ。
スピッツの皆様は今日も崎陽軒のシューマイを召し上がったのでしょうか。

夜は寒いので
温かくして出掛けます。



スポンサーサイト



2019/12/09

昔で言えばスピッツ

先日美容室へ行きましたら
ゴツい系アラフォー美容師Aさんが
「最近の若い男の子はみんなマッシュヘアを希望する。
昔で言えばスピッツみたいな」
ゴツい系アラフォー美容師Aさんにしてみれば
スピッツ=草野マサムネさんなのでしょう。

確かに、今の若い男の子達
前髪長め・すそ刈り上げのサラサラマッシュが多い。
そして、大抵おしゃれに見える。
因みにうちの大学生の息子も
例に漏れず同様のスタイルです。
やはり渋谷を経由して通学すると
垢抜けるのものですね♪

時代がやっと
草野マサムネに追いついてきたと
感慨を深く致しております。
但し草野マサムネ★プリティ♡マッシュ全盛期
1996年当時と比べると、今は
サイドの長さが短め
すそは刈り上げという
微妙に変化はしていますが・・・。

同僚の小太りアラフィフBさんが
「俺も菅田くんみたいなマッシュにしようかな」と
のたまっていましたが
間違いなく完成形は
イギリスのジョンソン首相です。
自分を俯瞰する感性って必要ですね。


さて、スピッツの皆様は
東京のアリーナライブが無事に終わり
舞台は横浜へ・・・。

私も地元の横浜のチケットが取れず
残念な思いをしていましたところ
スピッツ友達の美人妻Cさんが
「12日のチケットがあるので行きませんか?」と
声をかけて下さったのです。

あぁ!生きていれば
いい事ってあるんですね。
スピッツ「MIKKE」ツアー
アリーナライブの
記憶の定着を図るためには
出来れば2回行きたいと思っていました。
映像化される保証がないじゃないですか。
五感をフルに活用し
細胞の隅々まで
スピッツを感じてきたいと思います。










2019/12/06

12/5スピッツ武蔵野の森その②


その①に引き続き

﨑山龍男さんのドラムは
ますますパワーアップしています。
圧巻でしたのは
アルバム「見っけ」に収録されている
転調が印象的なあの曲で
両手を大車輪のように回しドラムを叩く姿
大迫力でした。
肩甲骨が柔らかそうです。
この日の衣装は胸元を緩めたバーテンダー風。
白シャツに黒ベスト
後ろは黒ベストがボレロのよう短く
布がクロスしており
姿勢矯正ベルト風でかっこ良かったです。
﨑山さんは
女性が彼氏にしたくない3Bは
「バンドマン・バーテンダー・美容師」だと教えて下さいました。
人生の酸いも甘いもかみ分けた
ある程度経験した女性達の意見かもしれませんね。




草野マサムネさんは
言わずもがな・・・「最高」
全てのコンディションが
整っているように見えました。
チェックのシャツがお似合い。
ハットのコレクションもかなり増えていると思う。

今回マサムネさんの大人の魅力を
最大限に引き出す曲の流れが・・・。
「お揃いのマグカップで薄い紅茶を飲んだ日々に感謝の言葉を述べた曲」の後に
「かわるがわる覗いた穴とか、呼び合う名前がこだま」する曲へ移行する演出の妙。
このスローナンバー連続できたら
涙腺ユルめの人は泣きますよ。
何でしょう、この大人の侘び寂びタイム。

でも昨日私が一番心を持って行かれたのは
スピッツ初期の神曲で
どこか武蔵野の風を感じさせて
まさにマサムネさんが府中駅前のマクドナルドで
文庫本片手にコーヒーを飲んでいた頃の
不安と自由のモラトリアム時代の
牧歌的な香りのする
夏蜘蛛が出てくる曲
ブルーのライティングが秀逸
この会場に
マサムネさんと
自分しかいないような錯覚に陥る瞬間が・・・。
そのような勘違いが出来る才能が
私にはあるのです。

とにかく贅沢な時間でした。



グッズですが
私は開演時間近くに行ったので
タオルとパンフレットを購入しました。
タオルはふかふかで
パンフレットは持ち運びしやすいサイズです♪


スピッツの皆様
スタッフの皆様のご健康
ツアーが無事に敢行されますよう
お祈りいたします。







2019/12/06

12/5スピッツ「MIKKE」ツアー 武蔵野の森その①


昨晩、行ってきました。
スピッツ「MIKKE」ツアー
武蔵野の森総合スポーツプラザ
マサムネさん曰く、略して「ムサプラ」
確かに、「ソニプラ」や「たまプラ」などと
言い慣れている関東民にとって
「ムサスポ」より「ムサプラ」の方が言いやすいですね。

この会場もオープン2周年を迎えました。

IMG_4386 (3)




演奏された曲名は明記せず
感動の一夜の備忘録を綴っていきたいと思います。

このアリーナツアーは
光の使い方が素晴らしいです。
コスモ感たっぷりな30/50とはまた趣が異なり
もっと繊細で幻想的な感じ。
ステージ上の設営を利用したライティングも
灯籠風に見えたり
時にはサイケな雰囲気を醸し出したり。
どの曲の時か忘れましたが
最後にマサムネさんの足元が赤く照らされ
その姿はまるで赤いお花の上に乗っている
コロボックルのように見えるシーンも・・・。


草野マサムネさんの調子は絶好調でした。
喉の粘膜から
オリーブオイルが分泌されているのでは?
そう思うほどしっとりとして
伸びのある声でした。

いやぁ~聴かせて下さいますね、スピッツ。
1曲聴き終わる度に
感動で胸がいっぱいになりました。
心が震えていると拍手をするのが精一杯。
最初は男性達による掛け声も聞かれましたが
素晴らしい曲が続くと
そんな余裕もなくなるんでしょうね。
じっと次を待つ曲間の静寂に
漂う感動の余韻・・・。


スピッツの皆様もとてもお元気で
小粋なトークで
場を弛緩させて和ませて下さいました。

三輪テツヤさんは前日にU2のライブへ。
長時間のスタンディングで
終演時には足元がふらつき
生まれたての子鹿状態だったとか。
普段からふくらはぎを鍛えてらっしゃるテツヤさんでも
長時間立ちっぱなしはキツいんですね。
最近はおしっこも近いらしいです。
膀胱の筋肉も鍛えて
頑張っていただきたいです。

リーダー田村さんは上下白で
聖職者のようなコーディネートでした。
動きのリズムに
貫禄みたいなものも加わり
素人の私でもハイレベルの迫力を感じました。



長くなりましたので続きは②で。










2019/12/05

今日はスピッツライブ


こんにちは♪

ここ数日、「クリ約」落選ショックで
心は深海に沈んでおりましたが
クリスマスツリーの飾り付けをしたり
神社仏閣へ行くなどして
無事浮上して参りました。

また、大嘗宮を見学したことで
自分の中で「古事記」ブームが再燃。
神話に縁のある土地への憧れが強くなり
ネットでググっては
「ええなぁ~」とため息をついています。
最近、趣味がジジイ化の様相。


そんなこんなしているうちに
気づけば本日スピッツライブ!
関東地方、良い天気で
スピッツの皆様も気分良く出掛けられると思います。

そうそう、チケットが当選したにもかかわらず
代金を払い込むのを忘れるという
大失態をした息子ですが
お友達が誘ってくれて
横浜アリーナのライブに行けることになりました!
息子の周りでは東大の同級生や
サークル仲間、中高の友達など
判明しているだけで
4人が今回のスピッツライブに行く予定とのこと。
これって凄くないですか!
自分たちの親世代のバンドですよ。
古参ファンに加え
フレッシュなファンも確実に増加しており
やっぱりスピッツはこれからも安泰ですね。


先日、BUMPファンのY子さんから
シダーローズをたくさん頂きました。
大きなリースが作れそうで嬉しいです。

DSC_0245 (1)


Y子さんは最近ツキまくっています。
BUMPの東京ドームライブでは
かなりの良席だったとのこと。
ネットでも話題になっていた
メンバーのいちゃつきを肉眼で目撃
その様子を熱く語ってくれました。
Y子さんのBUMP愛が報われて
本当に良かった。


今日も良い1日になりますように。